プロフィール

「なごみや」 安心食材 愛知県江南市のコミュ二ティー型SHOPです。

Author:「なごみや」 安心食材 愛知県江南市のコミュ二ティー型SHOPです。
「安心食材 なごみや」はお子様連れでも受けられる教室(子育て勉強会,料理教室他)、クリスタルボウル、ホメオパシー勉強会などくつろぎながらお買い物も楽しめるスペースを心がけています。



安心食材 なごみや


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交流分析

いつもありがとうございます。

今回は交流分析の一般的な紹介文をご紹介します。



その前に、なごみやでの交流分析もご紹介しますね。



なごみやでは、以下の理論をふまえて、

メンバー構成によって様々である問題をその都度臨機応変に対応してくださる、

宮本 きみゑ先生をお迎えして、




自分も相手もOKという交流の心地よさを実感できる交流分析を、

家庭や職場で実践していただけるように、と開いています。



子供の不登校、引きこもりなど、何かと世の中で問題になる三面記事をにぎわす出来事を

自分のまわりで起こさないためにも興味のある方はぜひ、なごみやまでご連絡下さい。





なんとなく自分の憂さ晴らしをするかのように他人との交流に皮肉を言ったりしていませんか?

肝心なことは言えないのに、言わなくて良いことは言ってしまう。



言葉は薬のも凶器にもなる。

でも、その違いがわかっていないと使い分けることが難しいですよね。



なんとなく嫌な気分になってしまうそんな交流の仕方を詳しく分析し問題の解決につなげます。

問題が誰の問題であるかを適切に捉えて、一時しのぎではない明るい交流をめざします。

シリアスにとらえず、一度参加してみるのも手ですよ。




以下は交流分析の一般的な紹介文です。




交流分析とは人格 と個人の成長と変化における体系的な心理療法 の理論である。

人格における理論としては、恐らく、P(Parent)、A(Adult)、C(Child)というモデルが最も知られており、このモデルは、どのように人々が行動し表現するかということについての理解を容易にしている。
コミュニケーションの理論としては、交流分析は、システムと組織の分析における方法にまで及んでいる。
交流分析は、子供の発達における理論も提供している。
交流分析は、「何が問題なのか」「私はどのように人生を過ごせばよいか」といった問題に答えるための、人生脚本という概念を提唱している。(ここで脚本とは、ある一人の人生である。)
交流分析は、幅広い精神病理学の理論をも提供している。脚本は、交流分析によれば、結果というより、むしろ苦悩、強制、自虐的行動、その他精神的障害を証明するのに有効である。
実用的な応用の分野では、様々な精神疾患の診断、治療の治療法として、また、個人、恋人、家族、グループへのセラピー の手法として使われている。
治療以外の分野としては、教育分野での教員のより良いコミュニケーションを図るための手法として、またカウンセリング やコンサルティング の分野、マネージメント 分野、コミュニケーションの訓練、その他様々な団体によって用いられている。

交流分析の基本的な見解
人はみなOKである。それゆえ、個々人は、正当性、重要性、平等性の敬意を受けることができる。
人はみな(僅かな例外を除いて)、A(Adult)として、考える能力を持つ。
人はみな、それぞれのストーリーと運命を決定する。しかしながらその決定は、変更が可能なものである。
子供の頃に埋め込まれた環境不適合というストーリーからの脱却は、不公平で不誠実な「今?ここ」の人生に基づいた感情、不適切、虚偽からの開放のために、求められているものである。(すなわち、子供時代の苦悩、自己への同情、他人の心理戦、強制的な行動、人生の失敗の繰り返しといったものからの開放である)
交流分析は、目標思考であり、問題思考ではない。
交流分析の基で変える目標は、自立性(子供の頃の脚本からの脱却)、自発性、親愛性、「逃避」や「受身」といった問題の解決、「進化」ではなく個人の治療、新しい選択肢を学ぶことである。

自我状態モデル
エリック・バーンは、精神が子供の頃の経験によって形作られるP(Parent)、A(Adult)、C(Child)の3つの自我状態があると仮定した[1] 。

どのような場合においても、人は体験を行い、行動、考え、感情を混合させながら、個性を表現する。交流分析によれば、一般的に、人々は3つの自我状態のいずれかにいる。

P(Parent):これは人々が、無意識のうちに両親(または親の代わりとなるもの)の行動パターンを模倣をして、行動し、感じ、思考する状態。例えば、影響力のある人が怒鳴りつけているのを見て、それが有効であると幼い頃に学んでいたら、その人も欲求不満から人を怒鳴りつけるかもしれないことが挙げられる。
A(Adult):これは、「今?ここ」でどのようなことが起きているのかについて人々が行動し、感じ、冷静に思考する状態。この状態では、長年生きてきた大人としての人間の経験、知識が活かされ、人を行動させる。このA(Adult)の自我状態では、自身は、現実における客観的な評価の対象として見られる。
C(Child):これは人が子供の頃にどのように振舞ったかと同じように、行動し、感じ、思考する状態。例えば、上司から怒られている人は、まるで子供の頃に行ったように、その上司を見下し、屈辱や怒りを覚えるかもしれないであろう。
また、それそれの状態は更に分割される。親の象徴は通常、養育的な親(NurturingParent)(寛容的、保護的)か、規範的な親(CriticalParent)のどちらかである。子供の行動は、自由な子供(FreeChild/NaturalChild)(自然奔放)か、他者順応な子供(AdaptedChild)のどちらかである。それぞれの状態は、個人の行動、感情、思考において影響を与え、有益的(積極的)または、破滅的/反生産的(悲観的)になるといえる。

交流分析の自我状態をフロイトの自我(A)、イド(C)、超自我(P)と対比されることが多いが、2つの理論は異なる。交流分析の自我状態は、(1)フロイトの言う自我の説明である、(2)フロイトの仮説モデルと異なり観察が可能である。つまり、対話を行う相手の特定の自我状態は、外部からの観察によって決定することができる。また、自我状態は、それぞれの自我状態においての行動において、直接的に思考、感情、判断に対応するものではない。

自我状態は普遍的なものではない。すなわち、それぞれの自我状態は、個別にかつ明白に、個々人を表すものである。例えば、C(Child)の自我状態は、特定の人間の個性であり、一般的な子供の状態ではなく、子供の頃に作られた性格を表すものである[2] 。

自我状態は、汚染されることがある。例えば、大人としての現実として、人が父親のルールやモットーを破り、信念が「今?ここ」の現実として受け入れられた場合。または、他人に笑われた場合である。つまり、これまでの幼い頃の体験の記憶上に、「今?ここ」に起きていることが新しい記憶として覆いつくすならば、子供の頃における一つの自我状態への影響と言えるであろう。


交流とストローク
交流とは、コミュニケーションの流れであり、より正確には言語以外の心理的な平行に流れるコミュニケーションの流れである。交流は、明確なレベルと心理的なレベルの両方に同時に生じる。例えば、皮肉的な意図を持った、思いやりのある言葉である。本当のコミュニケーションを読み取るためには、表面と非言語の読み取りが必要となる。

ストロークは、人が他者に与える認識、注意、反応であり、肯定的または否定的なものでる。ストロークの主要な考えとしては、人は他者からの認識や肯定的なストロークに飢えており、それがたとえ否定的な認識であっても、人はどんな種類のストロークも求めるということである。我々は、子供達のようにどのような戦略や振る舞いが私達に対してストロークを与えるか、どのようなストロークを受け取るかを試している。

こうした交流の本質は、コミュニケーションを理解する上でとても重要である。


安心食材 なごみや  愛知県江南市宮田町菖蒲池36  

メールアドレス  nagomiya@i-o-solution.co.jp
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nagomiyasan.blog63.fc2.com/tb.php/35-71624a8c

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。